読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由意志(意志論)と操作可能性(行為論)が、法学を構成するとき、それは、必然的に、当事者主義となるのか

人文科学と社会科学の違いについて。社会は何人から成立するか。
法学者はなぜ、間違えるか。また、非法学者はなぜ、法学について間違えるか。
ただ、事後的合理性は、プラグマティズム法学との関係で興味深い。
すなわち、事前の合理性/事後の合理性と法的安定性/具体的的妥当性と、なお規範に従う総合的判断(反実仮想的重み付き、複数選択肢の統合価値)として。